旅のつれづれ

国内外の旅の記録

LCCで高野山へ 金剛峰寺

休憩後は歩いて金剛峰寺へ

 

前述のカフェから10分ほどかな。

バスも出てますが、お土産さんなどのお店が並んでいて、退屈なく歩ける距離ですので、奥の院からも歩きでじゅうぶんです。

 

金剛峰寺は空海が開いたと言われ、真言宗の総本山です。豊臣秀吉が亡き母を弔うために建てた寺が今の金剛峰寺の姿だとか。

そのためか、奥の院豊臣秀吉のお墓はかなり立派でした。

 

こちらが金剛峰寺

f:id:travelturedure:20170328201312j:image

 

 f:id:travelturedure:20170328201345j:image

 

f:id:travelturedure:20170328201438j:image

 

さらに奥に歩いて壇上伽藍へ行きます

 

この道素敵。花が咲いたら綺麗なんだろうな。

f:id:travelturedure:20170328201529j:image

  

壇上伽藍にきましたー

 f:id:travelturedure:20170328201616j:image

 

こちらは鐘楼。

お坊さんが鳴らしていて素敵な音を奏でてましたー

 f:id:travelturedure:20170328201718j:image

 

 一番奥まで行くと神社があります

f:id:travelturedure:20170402172654j:image

 

 空海高野山に入山したとき、地元の人との融和をはかるため、まず神社を作ったんだとか。どの宗教も否定することない空海らしいですね。

 

他にも見たいとこありながらも、ここで時間切れ。九度山に向かいます。

 

travelturedure.hatenablog.com

 

travelturedure.hatenablog.com

 

travelturedure.hatenablog.com

travelturedure.hatenablog.com

 

travelturedure.hatenablog.com

travelturedure.hatenablog.com

travelturedure.hatenablog.com

LCCで高野山へ 高野山での休み処

10時前に奥の院散策に行き、戻って来たのが11時半くらい。

 

さすがに歩き疲れたので休憩しようと入った店がこちらの光海珈琲さん。

f:id:travelturedure:20170324145727j:image

f:id:travelturedure:20170324150035j:image

komicoffee.com

 

一の橋近く、恵光院さんの前にあります。

店内の雰囲気が良く、コーヒーとサンドイッチを美味しく頂きました。

 

さらに、せっかく高野山に来たのだから胡麻豆腐だよね、ということで行ってみたのが、こちらの濵田屋さん。

koyasan-hamadaya.com

 

相当な人気店らしく、お昼すぎには売り切れてしまうそうです。

 

わさびじょうゆで頂きましたが、胡麻豆腐だけで充分の美味しさです。

 
f:id:travelturedure:20170331155731j:image

 

 

 

travelturedure.hatenablog.com

travelturedure.hatenablog.com

travelturedure.hatenablog.com

travelturedure.hatenablog.com

travelturedure.hatenablog.com

travelturedure.hatenablog.com

travelturedure.hatenablog.com

LCCで高野山へ 奥の院 その2

またまだ奥の院には見どころがあるのでご紹介。

 

弥勒石

御廟近くにあります。

罪の軽い者は簡単に持ち上げられるとか…。私は全然持ち上げられなかった(笑)

弥勒石 - Wikipedia

 

 

汗かき地蔵

中の橋あたりにあります。

高野山にお参りに来た回数を数えてくれてて、閻魔大王さまの前に行ったときに助けてくれるそうです。 

f:id:travelturedure:20170324142847j:image

 

姿見の井戸

自分の顔が映らないと3年以内に死ぬんだとか…

f:id:travelturedure:20170324143345j:image

 

また、四国八十八箇所各寺の仏像が並んでおり、一気に御参りできるエリアが実はあります。

 

案内標識もなく普通に歩くと気付きません。

奥の院の入口を背に、明智光秀の墓あたりから右に歩いていくとあります。

八十八体ずらーっと並んでます。

一気にお参りが出来るので、結願と満願がここでできるようになってるんですね。

 

 

travelturedure.hatenablog.com

 

 

travelturedure.hatenablog.com

travelturedure.hatenablog.com

travelturedure.hatenablog.com

travelturedure.hatenablog.com

 

travelturedure.hatenablog.com

travelturedure.hatenablog.com

 

 

 

LCCで高野山へ 奥の院 その1

宿坊をチェックアウトした後、高野山一番のメインスポットである奥の院へ。

 

奥の院は多くの有名人のお墓と、空海が今も生きている御廟があることで知られてます。

 

入り口の一の橋

f:id:travelturedure:20170321230005j:image

 

参道を歩くと、徳川吉宗の墓に始まり、武田信玄豊臣秀吉織田信長など誰もが知る有名人の墓がゴロゴロと。歴史好きにはたまりません。

 f:id:travelturedure:20170324141632j:image

 

有名企業なんかもお墓を作っていてなかにはこんなユニークなお墓も。

 f:id:travelturedure:20170324141704j:image

 
f:id:travelturedure:20170330131152j:image

 

その数は20万とも言われてまして、とにかく広い。けど飽きることなく歩けます。

 

午前中だったせいか人も少なく、静けさの中にもパワーを感じながら、30分ほどで御廟近くに着きました。お墓歩いてこういう感覚は不思議。

 

御廟エリアは撮影禁止なので写真はありませんが、無事朝食を運んでるところは見えました。 

  
f:id:travelturedure:20170330130911j:image

(禁止エリア入る前に撮影)

 

御廟では読経が行われており、地下も見て回れます。こちらもオススメ。

 

地下は空海さんに一番近いとても神聖な場所。

聖地を感じることが出来ました。

 

 

travelturedure.hatenablog.com

travelturedure.hatenablog.com

travelturedure.hatenablog.com

travelturedure.hatenablog.com

travelturedure.hatenablog.com

travelturedure.hatenablog.com

travelturedure.hatenablog.com

LCCで高野山へ 宿坊その2

宿坊前編はこちら

翌日は朝7時から朝のお勤め

お坊さんがお経を唱えながら、みんなでお焼香をあげてお祈りの時間。

 

朝7時半からは毘沙門堂に場所を移して護摩祈祷。

f:id:travelturedure:20170321010202j:image

 

煩悩を焼き尽くすんだそうです。

見てくださいこれを!すごかった!

f:id:travelturedure:20170321010105j:image

 

朝起きての1時間、日常では絶対味わえない感覚。この時間だけでも泊まる価値ありでした。

 

と思いながら、部屋に戻るとなんと朝食が!

 f:id:travelturedure:20170321010230j:image

 

素敵すぎる…

お腹いっぱいいただきました。美味しかったー

 

食事の後は心を落ち着けて写経を。

そして10時前にチェックアウト。

宿坊を満喫しました。

 

宿泊者の7割くらいが外国人でした。

驚くべきは外国人への宿坊の対応。

案内表記が英語対応してるのは勿論のこと。阿字観やナイトツアーを含め、案内を英語で行ってたのには驚きました。

 

空海の教えでは国、宗教問わずウェルカムだそうですが、まさにその教えを実践してるかのおもてなし。感服でした。

 

高野山の宿坊 恵光院 「当院のご案内」(Koyasan Ekoin Official Website)

 

 

travelturedure.hatenablog.com

travelturedure.hatenablog.com

travelturedure.hatenablog.com

travelturedure.hatenablog.com

travelturedure.hatenablog.com

travelturedure.hatenablog.com

travelturedure.hatenablog.com

LCCで高野山へ 宿坊その1

はてさて、ようやく宿坊のご紹介

 

今回お世話になったのは恵光院さんというところ。

f:id:travelturedure:20170320154517j:image f:id:travelturedure:20170320154538j:image

 

高野山の宿坊 恵光院【公式サイト】(Koyasan Ekoin Official Website)

 

入るといきなりおひなさまが(笑)!

f:id:travelturedure:20170320154647j:image


お坊さんから丁寧に宿坊についての説明を受け、お部屋まで案内していただきました。

 

お部屋は素敵な和室。こたつがありました。

自分たちの部屋は荷物でごちゃごちゃしてしまったので、近くの一人用?の部屋をパチリ。


f:id:travelturedure:20170320160211j:image

 

 

16時にチェックインをして、余裕ある滞在かと思いきや、忙しかったー(いい意味で)
まずは16時半から阿字観という冥想体験。

 
f:id:travelturedure:20170320160446j:image

心が洗われるなんて期待してたけど、雑念だらけでウトウトしちゃったり、なかなか難しかったなー。

 

17時半から夕食。

いわゆる精進料理だけど、すごく美味しかった。

f:id:travelturedure:20170320155435j:image


f:id:travelturedure:20170320160313j:image

 

お坊さん料理上手だなあと思ってたら、板前さんが作ってるとのこと(笑)

納得です。

 

夕食終わってダラダラと休むことなく、当宿坊が主催してる、奥の院へのナイトツアーへ。
これは有料(1500円)でしたが、参加をオススメします。

夜の奥の院は神秘的でしたし、お坊さんの解説も分かりやすくてよかったです。

 

ナイトツアーから帰ってきたのは9時すぎ。

さすがにもうクタクタ。

お風呂入って寝ましたー。

 

 

travelturedure.hatenablog.com

travelturedure.hatenablog.com

travelturedure.hatenablog.com

travelturedure.hatenablog.com

travelturedure.hatenablog.com

travelturedure.hatenablog.com

travelturedure.hatenablog.com

 

 

LCCで高野山へ 高野山への道のり

以前から泊まりたいなと思ってた宿坊。今回、ようやく一歩踏み出して高野山へ行って参りました。 

 

東京からだと大阪まで出る必要があります。普通なら新幹線を使うところですが、今回はLCCを使いました。

何でかって、とにかく安い(笑)

成田から関空まで
行き 約6500円
帰り 約4500円
合計 約11000円

なんと新幹線の片道分(指定席で14450円)で行けちゃうのです。

 

成田空港まではもちろん格安バスで。

 成田空港への格安交通手段 - 旅のつれづれ


平日朝7時45分発のバスでしたが、ほぼ満員。予約なしでも乗れるけど事前予約した方がいいかも。
通勤ラッシュ時間帯による遅れが心配でしたが、定刻通り第三ターミナルに到着。

 

着いたら自動チェックイン機でらくらくチェックイン。手荷物だけなんでこれで手続き終了。荷物を預けるとなると多少大変かも。結構長い列が出来てました。

宿坊の夕飯が早いので、第三ターミナルで朝昼兼用の食事をしました。

フードコートになっていて、色々な食事が楽しめます。

こんな感じ

 f:id:travelturedure:20170320150331j:image

 

行きはバニラエアラインを利用しました。

乗ってる時間は1時間30分ほど。
一眠りしてあっという間の到着です。

 

関西空港からは南海でなんば駅まで戻り、なんばからは特急こうや極楽橋駅へ。特急だけど2000円くらいで乗れて、金曜だからかガラガラ。

f:id:travelturedure:20170320150617j:image

 

極楽橋駅からケーブルカーで高野山駅へ。これは5分くらいの乗車。

f:id:travelturedure:20170320150739j:image

高野山駅からバスで宿坊へ。

長い道のり(関空から3時間くらい。東京の自宅からは7時間くらい)でしたが、ようやく着きました。

 
f:id:travelturedure:20170320155800j:image

 

travelturedure.hatenablog.com

travelturedure.hatenablog.com

travelturedure.hatenablog.com

travelturedure.hatenablog.com

travelturedure.hatenablog.com

travelturedure.hatenablog.com

travelturedure.hatenablog.com