旅のつれづれ

国内外の旅の記録

上田 生島足島神社

続いては生島足島神社です。

f:id:travelturedure:20170910134316j:image

 

万物に生命力を与える「生島大神」と、満足を与える「足島大神」の二神を祀る、とても由緒ある古い神社です。

平安時代天皇や真田氏も寄進したといわれたといわれます。詳しくはこちら。

www.ikushimatarushima.jp

上田駅から上田電鉄別所線に乗って、下之郷で下車します。

こちらが上田電鉄。昔の東急の車両ですね。

f:id:travelturedure:20170910134252j:image

 

下之郷駅。神社仕様のホームです。

f:id:travelturedure:20170910134718j:image

 

上田電鉄は現在は別所線のみですが、下之郷から丸子線という路線も出てたようです。

下の写真は丸子線の跡。

f:id:travelturedure:20170910134802j:image 

ちょっと脱線しましたが、神社へは駅から10分弱で着きます。

f:id:travelturedure:20170910134408j:image

 

家族幸の木

f:id:travelturedure:20170910134449j:image

父木と母木の間の根から子供の木が2本。

家族繁栄をあらわす、ありがたい木だそうです。

 

先に進みます。

f:id:travelturedure:20170910134518j:image 

 本社です。

f:id:travelturedure:20170910134618j:image

 

こちらは本社の向かいにある、諏訪神社

真田信之が寄進したそうです。

f:id:travelturedure:20170910134550j:image

 

神社と神社が向かい合ってるって珍しいです。

 

夫婦欅。良縁子宝、夫婦円満

f:id:travelturedure:20170910134648j:image

 

家族にご利益が大きそうな神社でございました。

上田城 真田神社

1泊2日で長野方面へ旅行。

 

初日は上田へ行きました。

まずは真田の上田城へ。 

f:id:travelturedure:20170910132911j:image

 

上田駅は東京から新幹線で1時間半弱で、

上田城上田駅から徒歩15~20分ほどです。

 

上田駅。駅にも真田の六文銭があります。

f:id:travelturedure:20170910132841j:image

 

 

上田城入るとすぐに

「特別企画展 400年の時を経て甦る上田城

という催し物がやってました。

もともとは「真田丸大河ドラマ館」として使われてたようです。

f:id:travelturedure:20170910133121j:image

 

真田三代の鎧が迎えてくれました。

f:id:travelturedure:20170910133201j:image

 

真田の歴史、上田城の歴史がわかりやすく展示されてます。

VR上田城という展示があり、立体的に真田城の内部を知ることもでき、

前提知識はここでバッチリ身につけることができます。

他にも真田丸出演者のサインがずらっと並んでたりします。

 

拝観料は300円ですが安く感じました。

期間限定とのことですが、長く残してほしいです。

 

先に進むと真田神社があります。

f:id:travelturedure:20170910133246j:image

 

真田らしく智恵の神様として祀られてるそうです。

 f:id:travelturedure:20170910133319j:image

 

こちらは真田井戸です。

f:id:travelturedure:20170910133355j:image 

この井戸は城の外に通じていて、

城を囲まれても食料を運んでくることができたそうです。

 

このあたりに本丸があったそうです。

f:id:travelturedure:20170910133452j:image

 

本丸に天守閣があったかどうかは諸説あるそうです。

・真田の別の居城であった沼田城にはあったからあったはず

・実戦には役に立たないから、無駄なものは作らない

とか、真相は謎です。

 

上田城から市内を眺めます。

天気がよかったので気持ちよかったです。

f:id:travelturedure:20170910133430j:image 

お濠です。散歩したりジョギングするのにも良い場所です。

f:id:travelturedure:20170910133524j:image

 

あと、こんな感じで、武将の方がガイドをしてくださるみたいです。

f:id:travelturedure:20170910133545j:image

 

www.ueda-cb.gr.jp

私も聞きたかったな。

 

飛騨高山 食べ歩き

飛騨高山といえば、古い町並みと食べ歩きです。


f:id:travelturedure:20170913130821j:image

matome.naver.jp

 

早速いくつかをレポート!

 

まずはやはりコレ。肉寿司

f:id:travelturedure:20170904183537j:plain

 

パリパリせんべいの上に載せて差し出されます。

 

次はコチラ、食べ歩きの王道、コロッケ

f:id:travelturedure:20170904183607j:plain

あつあつでウマウマでした。

 

そして高山と言えば、高山ラーメンでしょうか。

 

まずは町並みの端にあったお店に入ってみました。

retty.me

 

f:id:travelturedure:20170904183648j:plain

レモンの味が効いてて、サッパリした感じ。

 

さらに町歩きを楽しんだ後、宿に戻る前にこのお店にも寄ってみました。

retty.me

 

食べログでも評価高いですね!

 

f:id:travelturedure:20170904183719j:plain

 こちらは地元のお店!って感じで、ラーメンもおいしく、地元感を楽しめました。

入ってよかった! 

 

高山はグルメな町でした。お腹を空かせて行くことをおすすめします!

 

 

 

 

上高地 ハイキング

高山で1泊し、翌日は、上高地までハイキングに行ってきました。

上高地は有名な登山・ハイキングコースですが、初ということもあり、今回はガイドをつけてのハイキングにしてみました。

 

www.takayama-gh.com


結果、とてもよかったです。

地元の方(素敵なおばさまでした)に、見どころや植物の面白いところなどを聞き話しながら進み、初心者のみでは味わえない楽しみ方ができました。

 

今回は、大正池から河童橋までのまさに初心者用コース。

片道1時間30分、お昼休憩をして、バスターミナルから高山市街まで戻るコースでした。

なのでハイキング自体は2時間弱ですね。スニーカーでもOKなコースです。

 

上高地を歩こう(ウォーキングコース) | 上高地公式ウェブサイト



f:id:travelturedure:20170902225750j:image

いい天気に恵まれた日!大正池です。めちゃきれい~

 

自然研究路を、ガイドさんの案内のもと歩いていきます。

f:id:travelturedure:20170902225905j:image

 

途中の田代橋からの眺め

f:id:travelturedure:20170904182724j:plain

 

f:id:travelturedure:20170904182840j:plain

 

河童橋からの眺め

f:id:travelturedure:20170904182934j:plain

 

天気に恵まれるとハイキングはとてもよい気分転換になりますね。

 

 

 

 

 

飛騨高山 グルメ 飛騨牛

岐阜高山に行ってきました~。

 

高山は岐阜の山中にあるので、アクセスは、都内からだとバスが一番ラクです!

途中トイレ休憩を挟みながら、朝に新宿バスタを出て、お昼には着きます

kankou.city.takayama.lg.jp


f:id:travelturedure:20170902225004j:image

ちょうど行ったときは、駅が改装したあとで、木のにおいにあふれていました。

 

最初に観光したのは、街中にある「高山陣屋」。

江戸時代の役所(今でいう市役所的な)です。陣屋が残っているのは日本でもここだけだとか。

kankou.city.takayama.lg.jp

 


f:id:travelturedure:20170902224448j:image

 

高山は、戦争の被害も受けない地域だったので、こうした陣屋含め、町並みも残っているものが多いようです。

 

屋内の展示も写真撮影可でした。


f:id:travelturedure:20170902225433j:image

 

とりあえず、町を見た後は、お腹を満たしに!飛騨牛のお店へ!

hitosara.com

食べログはこちら


f:id:travelturedure:20170902224803j:image

 

ランチは、お得に食べれるのでおススメです。

当然、おいしゅうございました。

 

 

 

すなば珈琲と砂丘そば 鳥取グルメ

鳥取城から鳥取駅まで戻ってきて入ったのが、

こちらの「すなば珈琲」です。

 f:id:travelturedure:20170813100417j:image

 

店のドアを開けると、マツコ・デラックスの像が(笑)

f:id:travelturedure:20170813100016j:image

 

以前、鳥取県の知事が、

「スタバはないけど日本一のスナバはある」

と発言したのは聞いたことありましたが、それを取り上げたのは

マツコ・デラックスだったんですね。

 ※現在は鳥取駅近くにスタバがあります

 

そのあたりの詳しいページは下記をご参照ください。

www.sunaba.coffee

店内はこんな感じ。決してスタバぽくはなく、町の喫茶店です。

f:id:travelturedure:20170813100121j:image

 

カフェオレを頂きましたー。

f:id:travelturedure:20170813100140j:image

 

私が頂いたのはカフェオレだけですが、

モーニングやランチも充実していて値段も手ごろな感じがしました。

 

メニューの写真を撮るのを忘れたので食べログのリンクを貼っておきます。

https://tabelog.com/tottori/A3101/A310101/31003905/dtlmenu/photo/

 

観光客の認知度が高いため、普段は混んでるようですが、

空いていたら立ち寄ってほしいスポットです。

 

お昼は駅前の砂丘そばで頂きました。

f:id:travelturedure:20170813100544j:image

 

あごでだしをとったスープが自慢のお店です。

f:id:travelturedure:20170813100557j:image

頂いたのはあごの竹輪が入った砂丘そば。

 

f:id:travelturedure:20170813100642j:image

 

関西風のだしにあごのだしが混ざって、 美味しくいただきました。

 

鳥取満喫の旅は以上です☆

鳥取観光 鳥取城跡 天球丸

鳥取の最終日は午後の便で東京へ戻ることもあり市内観光を。

 

ということで、鳥取城へ行ってみましたー。

 

鳥取城は戦国時代に建てられて江戸時代まで使われてたお城です。

豊臣秀吉黒田官兵衛兵糧攻めで撃ち落としたお城でもあるそうです。

現在はお城全体が公園になっています。

 

f:id:travelturedure:20170813100756j:image

 

鳥取城へは鳥取駅から100円バスが出ていて、とても便利です。

くる梨バスの緑コースに乗って、仁風閣・県立博物館で下車してください。

f:id:travelturedure:20170813100807j:image

 

20分に1本出ています。時刻表はこちら。

鳥取市100円循環バス「くる梨(くるり)」緑コース時刻表

 

10分ほどで到着しましたー。

山城ですね。風格があります。

f:id:travelturedure:20170813100852j:image

 

少し歩くと右に仁風閣が見えました。

明治時代に建てられた洋風建築で、当時の皇太子だった大正天皇も訪れたそうです。

f:id:travelturedure:20170813100917j:image

中に入って見学したかったのですが、残念ながら休館日(月曜)でした。

 

www.tbz.or.jp

さて、先に進んでいくと、とても立派な石垣です!

f:id:travelturedure:20170813101155j:image

 

次に見てほしいのがこの写真です。

f:id:travelturedure:20170813101250j:image

 

岩を削った後のように見えます。

鳥取城の城壁は、もともと山にあった岩を削って、石垣にしたてたらしいです。

自給自足ですね。こういうのは全国でも珍しいそうです。

 

さらに歩き進めると、こちらが登山道の入口。

f:id:travelturedure:20170813101309j:image

 

本当は登りたかったのですが、夏の日差しがすごくて、

上を見上げた時点で手強そうだったのであきらめました^_^;

 

f:id:travelturedure:20170813101229j:image

 

鳥取城で是非見てほしいのが、天球の形をした石垣です。

f:id:travelturedure:20170813101114j:image

 

写真は復元された石垣ですが、全国でも鳥取城だけだとか。

なぜこのような不思議な石垣が作られたのか、詳しいことはわかってないそうです。

この石垣見れただけでも来た価値がありました☆

 

お城からみた市内の景色。お殿様気分です!

 f:id:travelturedure:20170813174400j:image

 

お城のシンボルである天守閣はなかったものの、

お城好きにはおススメのスポットです!