旅のつれづれ

国内外の旅の記録

宮崎 青島 青島神社

青島の青島神社に向かいます。

 

青島の入口です。

ANAのホリデイインからは15分くらい。

青島駅からだと10分くらいだと思います。
f:id:travelturedure:20190113233025j:image

青島と海岸をつなぐ橋。当時皇太子だった昭和天皇のために作られたそうです。

神聖な場所だったので一般の人が入れるようになったのは明治以降だとか。
f:id:travelturedure:20190113233052j:image

 

青島に到着しました。
f:id:travelturedure:20190113233132j:image

 

境内に入る前に気になったのが、こちらの「鬼の洗濯板」
f:id:travelturedure:20190113233159j:image

海面下にあった岩が隆起して、波に侵食されることで今の形になったのだそうです。

不思議な地形。この上を歩くのは、ちょっとしたアスレチックで楽しかったです☆

 

鬼の足跡と思うのも分かる気がしますf:id:travelturedure:20190217133016j:image

 

洗濯板と鳥居

f:id:travelturedure:20190217132903j:image

 

さあ神社に入ります。
f:id:travelturedure:20190113233304j:image

こちらが本殿。

f:id:travelturedure:20190209115434j:image

 


神話の中で山幸彦と豊玉姫が結ばれた場所らしく、縁結びで有名です。

なので、こんな感じで縁結び絡みのイベントが楽しめます。

f:id:travelturedure:20190206215353j:plain

 

こちらは真砂の貝文といって、海辺で宝貝を拾ってここに供えると願いが叶うそうです。

f:id:travelturedure:20190206215343j:plain

 

こちらは本殿の横にある元宮(もともと本殿があった場所)へ続く道です。

f:id:travelturedure:20190206215310j:plain

 

亜熱帯植物が広がる道。宮崎らしいですね。

f:id:travelturedure:20190206215325j:plain

 

自然もお参りも楽しめる良いスポットでした☆

神社へ行く橋のあたりは遮るものが無く、ほぼ海なので風が強いときもあります。帽子とかは注意してくださいね。




 

宮崎 チキン南蛮 おぐら を食べて青島へ

宮崎へ行ってきましたー。

宮崎空港羽田空港から飛行機で2時間弱。

宮崎空港から宮崎駅へは電車で10分とアクセスがよいです☆

 

宮崎空港駅から特急ににちりんで宮崎駅へ。

宮崎駅までは「特急料金なし」で乗れます。ちょっと得した感あります。

この区間交通系ICカードも使えて便利。
f:id:travelturedure:20190113230744j:image

 

宮崎といえばチキン南蛮でしょう、

ということでお昼ご飯は有名店のチキン南蛮発祥のおぐらに行ってみました。

www.ogurachain.com

宮崎駅から中心街へ15分ほど歩いたところ、路地裏にあります。


f:id:travelturedure:20190214204211j:image

 

並ぶかなーと思ったけど、運よくすぐに座れました。


f:id:travelturedure:20190214204259j:image

ハンバーグもありましたが、迷わずチキン南蛮を注文です。 
f:id:travelturedure:20190113230850j:image

 

チキン自体にも十分に味があるのですが、さらに濃厚なタルタルソース。

ご飯にとても合います!美味しくいただきました☆

 

有名店だけあってサインも沢山ありました。

f:id:travelturedure:20190206104810j:plain

 

お昼ご飯を食べた後はこの日の宿泊地である青島へ移動です。

宮崎駅から青島駅までは鉄道で30分ほど。こちらは交通系ICは使えません!
f:id:travelturedure:20190113230947j:image

 

この日は青島にあるANAのホリデイインに宿泊しました。

ここを拠点に青島観光です。最寄り駅は青島駅の1つ前の子供の国駅です。

www.anahirmiyazaki.com

リゾートホテルとった感じで、部屋も広くオーシャンビューがとても素敵でした。

(写真を撮るのを忘れてました…)

大浴場でサウナとかあるのもうれしいです。値段もリーズナブルでした。

 

さあこれからホテルから青島へ向かいましょう。

f:id:travelturedure:20190113233007j:plain

 

アユタヤ 観光 半日でぐるっと

タイ2日目は、アユタヤに行ってきました。

半日でぐるっと主要箇所を周れるプランをセレクト↓

www.veltra.com

日本で予約していきました。

 

タイは2回目でしたが、アユタヤは今回が初!

「朝はゆったりプラン」と書いていますが、バンコク中心部に8時集合です…。

 

インターコンチネンタルホテル横にて集合。私たちのほか1組の親子がいました。

 

バンコクから約1時間。バンで向かいます。

 

この日は暑くなるから、ということで、当初のルートとは逆回りに行きます、とガイドさん。

ガイドさんは車中で日本語でいろいろ説明してくれながらのとてもよい感じの方でした。男性でした。

バンコクの都心を抜けて、緑が増えてのんびりした感じになる車窓からの眺めもよかったです。

 

最初に来たのは、ワット・チャイワッタナラーム。アンコールワットに似せて作られたともいわれる寺院遺跡です。

f:id:travelturedure:20181215111006j:image

アユタヤらしい!!

 

でもここの遺跡、たいていの仏像の首が切れているんですよね・・・(その後、アユタヤ遺跡はほぼそうだと分かりました)

f:id:travelturedure:20181215111111j:image


残っていたものも数体ほど。

f:id:travelturedure:20181215111125j:image

 

石とはいえ芸術的にみえます。綺麗。
f:id:travelturedure:20181215111015j:image

 

次に向かったのは、ワット・ロヤカスタ。巨大な涅槃物があります。 f:id:travelturedure:20190209153320j:image

かわいい!! なんだか表情が可愛らしくて癒されました。

 

ここでは、ガイドさんに祈り方を教えてもらいながら、花を購入し、祈って金箔をミニチュアに付ける一連の行動をしてみました。

 

個人的にここはすごくよかったです。

 

3つ目に訪れたのは、かつての王宮、ワット・プラシーサンペット。

この3つの仏塔が有名です。f:id:travelturedure:20190209153342j:image

ビルマ軍に侵攻された跡がそのままに
f:id:travelturedure:20181215111404j:image

 

王宮があったという跡地。公園ぽくなっていました。
f:id:travelturedure:20181215111443j:image

この日は暑さもほどほどで、風も吹いて、ちょうどここを歩いていたときは気持ちいいいくらいでした。

12月のタイは、ちょうど過ごしやすい時期のようです。

 f:id:travelturedure:20181215111459j:image

 

この仏塔の前に、歩いて数分のところにあるウィハーン・プラモンコンボーピット というお寺にもよりました。f:id:travelturedure:20190209155758j:image

中にはアユタヤで一番大きいといわれる仏像が。

その前で舞がされてました。
f:id:travelturedure:20190209154509j:image

3つの仏塔の遺跡同様、ここも荒れ果てた寺院だったようですが、ラーマ5世のときに再建されたようです。

一見の価値はあるも思うのでぜひこちらにも行ってみてください。

 

 

次は、ワット・マハタートへ。あの石仏がいるところですね。

 

こちら。

f:id:travelturedure:20181215111514j:image

 

ガイドなどには、戦争で切り落とされた首が根においてあり、そのまま木の成長とともに上に上がっている、とありますが、ガイドさんいわく、戦争の混乱に紛れて泥棒が増え、仏像の首の泥棒が横行した。

これは、泥棒が重くて持ち帰れず、木の根元に置いて帰ったものだ、とのことでした。

 

泥棒??? そうだったの??

 

まあ、でも時間が経って考えてみれば、それも戦争の所以といえばそうですね。。

 

いずれにしても、アユタヤは、ビルマ侵攻の戦争の跡地でした。

 

周りの様子。

f:id:travelturedure:20181215111553j:image

 

実は4つ目まで来ると、だんだんどこ行っても同じように見えてきて、この風景に少し飽きがでてきました(^∀^; 暑いし疲れも出てきたのかも…

 

ちなみに、それぞれの遺跡にはお手洗いもありますので安心です。この4つ目のところのお手洗いは有料でしたが、その分綺麗でした。

 

最後は、ワット・ヤイチャイモンコン。これまでとは違った新しい寺院です。

f:id:travelturedure:20181215111729j:image

涅槃仏も


f:id:travelturedure:20190209153415j:image

塔にも登ってみる。

f:id:travelturedure:20181215111742j:image

半日ツアーは以上にて、終了!

このあと、バンでまたバンコクまで戻りました。

 

ガイドさんにはとても良くしていただいたので、チップを渡して終了。本当にいい人でした。

効率よく周れるツアーで、むしろ半日で十分でした!(一日はツライかも…)

 

途中象にも乗れる機会はありますが、私達は断ったので^_^;、象に乗りたい方もこのツアーで大丈夫ですよ

 

何気に世界遺産巡りでした。

バンコク グルメあれこれ

タイはグルメ天国ですよね。

2泊3日中に行ったお店を紹介します。

今回は行ったお店がすべて正解で、すべてめちゃうまーのお店でした。

※ご飯写真が少なめで申し訳ないのですが、すべて味は保証するので詳細はリンク先情報をご確認ください^_^;

 

 

まず初日は、夕方にバンコクに着いたので夕食から。

現地の人おすすめのお店に行きました。www.bangkoknavi.com

 

BTSプロンポン駅から徒歩10分くらい。住宅街のところにあります。

↑リンク先のように、とっても素敵なお店でしたよ。

 

たくさん頼んだ中でパッタイのようなものを。

f:id:travelturedure:20181216013553j:image

メニューも英語表記のものがあり、写真もついているので何も問題なかったです。何を頼んでも美味しかったです(笑)。

 

翌日のお昼は、バンコク市街にて。

セントラルチットロムのフードコートで食べました。

www.bangkoknavi.com

 

最寄りはチットロム駅。デパートの5階がフードコートになっています。

 

こんな雰囲気。めちゃ綺麗。安心する。
f:id:travelturedure:20181216013516j:image

様々な国の料理があり、本当に迷います。(インド、韓国、タイ、ベトナム、イタリアン・・・)

ここでは、フォーとチャーハン的なごはんを食べました。

 

その日の夜は、プーパッポンカリー(蟹のカレー炒め)の名店へ。

地元の人でも予約いっぱいのお店です。事前予約必須です。お店のHPから予約できます。

 

ナショナル・スタジアム駅からのんびり歩きながら行きました。

f:id:travelturedure:20181216013221j:image

 

www.bangkoknavi.com

 

支店もたくさんあるので、お店間違いに注意を!(実際現地集合したら仲間が別の支店に行ってしまってました‥)

 

ありますよー。名物。

f:id:travelturedure:20181216013359j:image

 

小泉さんも来ていたんですね。秋篠宮様の写真もありました。そういえばよくタイに行かれてましたね。

f:id:travelturedure:20181216013417j:image

 

メインのプーパッポンカリー以外にも、いろいろ頼みました。

 

お魚。
f:id:travelturedure:20181216013313j:image

エビ
f:id:travelturedure:20181216013304j:image


そして目的のプーパッポンカリーも頼みました。メニューのようにカニの殻は乗ってないです。

とても柔らかくて本当---においしかったです! (写真なし・・・)

 

 

翌日は、マンダリンカフェでお茶したり。


f:id:travelturedure:20181216013455j:image

 

 

タイスキのチェーン店「MK」で、タイスキも食べました。

f:id:travelturedure:20181217120614j:image

 

シャングリラホテルが主催するディナークルーズも体験してきました。

www.bangkoknavi.com


f:id:travelturedure:20190202235505j:image

とてもステキな夜景で、のんびりできます。

有名な暁の寺

f:id:travelturedure:20190202235518j:image

 

食べ物(バイキング形式です)も食べきれないくらいでした。。

f:id:travelturedure:20190202235449j:image

 

タイは本当にグルメな国。

食べた分は街を歩き回って消化するしかないですね!

 

 

タイ航空 成田からバンコクへ

年末に用がありタイに行ってきました。

今回初めて乗ったタイ航空(エコノミー)についてまずは書いてみたいと思います。

 

タイはLCCもあるので、比較的安く行ける海外ですね。

 

今回タイ航空を選んだのは、エアアジアと対して変わらない値段だったから。

厳密に言えば、往復で1.5〜2万円しか変わらなかったという感じでした。

 

タイ航空は、世界のエアラインでもトップ10くらいなので、その値段差異は許容範囲でした。

www.travelvoice.jp

 

予約は公式サイトから行いました。

www.thaiairways.com

 

チェックインも事前にスマホで済ませておけば、カウンターに行く必要ないです。

手荷物が無ければ、成田に出発の1.5~2時間前に行けば大丈夫。(手荷物あってもそれくらいでもいいかも)とっても効率的でした。

 

成田までは今安く行けますしね。

travelturedure.hatenablog.com

 

飛行機の中の様子。

f:id:travelturedure:20190131185243j:image

カラフル!!  わくわくします! フットレストもありました。

 

とても綺麗でしたし、狭さも感じませんでした。

 

お楽しみの機内食

チキンかポークか聞かれて、チキンの人はカレー風味のチキンとライス。

ポークの人はカツ丼だったようです(笑)

 

機内食(チキン)

f:id:travelturedure:20181216013720j:image

タイは6時間ほどなので、乗って直後の機内食が出たあとは、降りる前に軽食が出て終わりです。

 

軽食はサンドイッチでした。
f:id:travelturedure:20181216013735j:image

 

今回は、朝(9時ごろ)成田発、15時頃スワンナプーム空港に到着する便で行きました。

行きは結構空いてたので、隣もいなくのんびりと過ごせました。

 

映画も豊富にあるので、あまり困らなかったです。充電もできたかな。

もちろん、ドリンクも豊富です。

 

帰路便は、0時前にスワンナプーム空港発、朝7時頃成田着のものに。

 

その時間だと、離陸後軽食、到着前に朝食、という機内食でした。

 

到着前機内食。オムレツを頼みました。
f:id:travelturedure:20181217120539j:image

初タイ航空でしたが、とても良い移動でした。

 

 

しまとく通貨が便利 五島列島

五島列島を旅行していて、しまとく通貨がとても便利でしたのでご紹介です。

www.shimatoku.com 

しまとく通貨とは?

長崎県内の島だけで使える、観光客向けの電子通貨型商品券です。商品券といってもスマホで利用できるのが特徴的です。

 

何が便利なのか?

買った価格の20%もプラスで買い物に使えるんです!5000円分買うとなんと6000円分買い物に使えます。

しかも、買い物に使える範囲がとても広くて、福江島だとほとんどの飲食店、ホテル、レンタカー、観光施設に使えました✩

今回福江島で宿泊した「ごとう屋」さんで教えて頂きました。

gotoya.jp

「ごとう屋」さんではレンタカーも扱っていて、宿泊料金分のしまとく通貨の購入で、レンタカー代も賄うことができ、大変お得でした。実質すべて2割引になりました☆


f:id:travelturedure:20190127115402j:image

ブログでもお知らせしたやぐら寿司さんでも使っている人がいましたよ。

 

travelturedure.hatenablog.com

 

しまとく通貨の買い方

下記サイトからクレジット決済で購入することができます。

 https://ws.shimatoku.com/

本人確認で免許証等の写真を送らないといけないのは少し手間ですが、サイトで申込から10分ほどで手続き(通貨発行)が完了しました。

 

しまとく通貨の買い方

①通貨発行手続が発行すると、URLが送られてきます。

    URLをクリックして画面を開き、「利用する」をクリックします。

f:id:travelturedure:20190127102710j:plain

②利用金額を500円/1000円/5000円単位で入力して「利用する」をクリックします。

f:id:travelturedure:20190127102759p:plain

③表示された画面を店員さんに見せて決済してもらいます。

 f:id:travelturedure:20190127102940p:plain

一回やれば使い方はマスターできると思います☆

 

しまとく通貨の注意点

使っていて気付いた注意点を記載しておきます。詳細は公式サイトを見て確認するとよいと思います。

  • 期間限定です。2018年度は2018/7/1~2019/3/31でした。
  • 利用期限が14日です。期限が過ぎると残高は使えません。
  • 購入単位は1セット5000円で上限は6セット30000円です。(島で連泊したりすると追加で2セット増えるようです。私は連泊したので増えてました。)

 

船やジェットフォイルでは使えませんのでお気をつけを

 

 

長崎 観光 出島 平和公園など

五島列島から長崎に移動した翌日は長崎観光を楽しみました。

 

travelturedure.hatenablog.com

 

夕食後の夜に立ち寄った大浦天主堂。ライトアップされていました。

f:id:travelturedure:20190113230827j:image

 

朝からまず向かったのは、出島!

長崎といえばですね。

f:id:travelturedure:20190113230547j:image


f:id:travelturedure:20190119182355j:image

この中だけで本当に暮らしていたのかしら、と思うくらい思ったより手狭に感じました。

人数もそんなにいなかったのでしょうか。

鎖国中だから、そういう造りにわざとしてたのかもしれませんね。

 

何となく当時の形が分かるように整えられています。

f:id:travelturedure:20190113230645j:image

出島の中に入るには入場料(510円)が必要です。(入りませんでした…)

 

次は平和祈念公園に向かいました。出島から路面電車で一本で行けます。


f:id:travelturedure:20190119182635j:image
初めて来ました。

何とも言えない気持ちになりますが、本当に戦争のない国へと切に願います。

 

記念公園に入る手前に、当時の防空壕がいつか残っています。


f:id:travelturedure:20190119184353j:image

 

意外と中は広いのだなと思ったり、説明によると奥の方にいた人の被害は少なかったとか書かれていました。

 

公園を一回りしたあとは、原爆資料館に入りました。

無料の現地ガイドボランティアの方に案内してもらいながら、様々な資料を確認しました。

 

よく考えれば当たり前なのですが、原爆投下後の写真など、すべて米軍の資料なんですよね。

それをボランティアの方から聞いて複雑な気持ちになりました。

当時の日本は混乱しててそんな写真残せないので、資料の大半は彼らにとっての"研究"資料が展示されているわけです。

うーむ…  

 

また、当時の証言VTRが、展示の最後の方で自由に観れる箇所があり、捕虜として日本にいた外国人の方の証言も入っていたので何名かのVTRを観ました。

 

捕虜としての彼らの証言で「投下されたことで戦争が終わった」と皆言ってたのが印象的でした。

そして映像には「色々な意見があります」との字幕も。

 

こうした色々な観点からの証言をしっかり遺していることが素晴らしいと思いました。

歴史は一面からでは語れないですからね…

 

 

公園と資料館から歩いてすぐのところには、実際に投下された地点(グラウンドゼロ)があります。


f:id:travelturedure:20190119182758j:image

 

投下時は、この地は80年くらいは草も生えない地になるだろうと言われてたようです。そうだろうと思います。

でも今は普通の公園です。

 

原爆の放射能も凄まじそうですが、今の原発放射能とどう違うのかも気になりました。

 

 

色々なことを考えながらも、次に向かったのは、浦上天主堂です。

 

グラウンドゼロから歩いて行けます。
f:id:travelturedure:20190113230848j:image

この日はお葬式がされており、中に入れませんでした。

 

天主堂の横には原爆投下時に吹っ飛んだ天主堂の屋根の一部がそのまま保存されています。
f:id:travelturedure:20190114000533j:image

 

原爆時の遺構として被爆したマリア像などの石像もいくつか置かれています。
f:id:travelturedure:20190119185216j:image

この前に立ち寄ったグラウンドゼロには、この浦上天主堂の遺構が保存されています。

 

最後は、大浦天主堂へ。

路面電車で移動してきました。


f:id:travelturedure:20190119185941j:image

入場料が1000円と高めでしたが。中と隣の博物館にも入って色々観てまわりました。

 

 

朝から夕方までの駆け足長崎一日観光です。

 

長崎の歴史は奥が深く、色々考えつつも、観光としては充実できました。

 

出島→平和祈念公園長崎原爆資料館→グラウンドゼロ→浦上天主堂大浦天主堂