旅のつれづれ

国内外の旅の記録

鳥取 グルメ 智頭町 みたき園

翌日は知人の車にて智頭町のみたき園という

食事処に連れてってもらいました。

 

みたき園は鳥取市内から車で1時間程度のところです。

 

公共交通機関智頭駅から近くまでバスが出てるそうですが、

詳細は分かりませんでした。

少なくとも私が行ったときは見当たらなかったので車でいくことをおすすめします。

 

さて山奥の道を行くと素敵な民家風建物が集まる一帯が。
 

f:id:travelturedure:20170813094711j:image


f:id:travelturedure:20170814150945j:image

 
f:id:travelturedure:20170814151038j:image

f:id:travelturedure:20170814150408j:image


f:id:travelturedure:20170814151059j:image

 

大きな建物の中はこんな感じで、御食事処になっています。とても落ち着いた雰囲気です。

f:id:travelturedure:20170813094828j:image 

建物こそ古いですが、しっかりとしていて、綺麗でした!

f:id:travelturedure:20170813094801j:image

 

食事は山菜料理をメインとした

桧 5500円

杉 3700円

竹 2500円

のコースがあります。

 

今回は1名分だけ大奮発して5500円のコースにしました。

 

一枚の写真には収まらない程の量!!実に色とりどりのコースです。味も美味でした。

 
f:id:travelturedure:20170814150441j:image


f:id:travelturedure:20170814150506j:image

上品なそうめん


f:id:travelturedure:20170814150534j:image

鮎の塩焼き


f:id:travelturedure:20170814150559j:image

上品なお豆腐(氷と桶のほうが大きい…)

 

 
f:id:travelturedure:20170814150639j:image

ジビエ肉。イノシシとキジでした。

 

山奥でこんな料理に出会えるなんて驚きです。

1品1品少量だったので完食できました。

 

園内とても広くて散策もできます。

真夏に行きましたが、とても涼しく心地よいです。

f:id:travelturedure:20170813094909j:image

 

滝なんかもありました。人工みたいですが(笑)

f:id:travelturedure:20170813094949j:image 

店員のほとんどがおばあちゃんで、注文をとるのも、運んでくるのも実にのんびり(笑)

穏やかな時間をすごせますよ。 

 

コース以外にも1000円の山菜うどんセットや

500円のかき氷、500円のきな粉もち等あり、カフェとしてもオススメです。

 
f:id:travelturedure:20170814151255j:image


f:id:travelturedure:20170814150753j:image

鳥取市内の女子大生も、わざわざ車でお茶しにくるんだとか。

 

ちょっとした非日常、田舎さが味わえて癒やされました!


f:id:travelturedure:20170814151422j:image

 

 

 

鳥取 グルメ おはよう堂

砂丘を堪能した後は、夕食を食べに。

知人から教えてもらった、おはよう堂へ。

 

1度鳥取駅へバスで戻った後で、鳥取駅からはタクシーで行きました。

タクシーで1000円ほどです。

運転手さんには「安長(やすなが)の市場」にある「おはよう堂」と伝えるとスムーズです。

 

f:id:travelturedure:20170806201011j:image

 

このお店なかなか個性的でして、お店の中で待つと注意されます。

外で待ちましょう。外で待ってると、店員さんが確認しにきます。

 

お店とメニューはこんな感じ。

f:id:travelturedure:20170806201037j:image

 
f:id:travelturedure:20170813103518j:image

毎日、価格が変わるようですね。

 

私はぶり定食を。

f:id:travelturedure:20170806201052j:image 

相方はかんぱち定食。

f:id:travelturedure:20170806201205j:image

 

写真で伝わるかな?


f:id:travelturedure:20170807230151j:image

味はめちゃうま、油のりのり。

何より、とてつもない分厚さで、それが何枚もあり、とってもボリューミーでした。
f:id:travelturedure:20170807230321j:image

さらに、このご飯とお味噌汁

f:id:travelturedure:20170806201231j:image

 
f:id:travelturedure:20170807230711j:image

味噌汁は具のほうが多い…。

 

これまた凄いボリュームでした。

 

とはいえ、ネタが美味すぎるせいか、ご飯も進む進む。

 

お腹いっぱいで大満足!

 

鳥取駅までは歩いて帰りました。

40分ほどかかりましたが、このボリュームなら丁度良かったと思います。

 

お刺身をたっぷり食べたい方にかなりオススメです!

 

 

鳥取 鳥取砂丘

 砂丘入口の記念碑

f:id:travelturedure:20170803220745j:image

 

入口付近の 案内図。ここを登っていくと。。

f:id:travelturedure:20170803220648j:image

 

どーんと広がる砂丘の世界です

f:id:travelturedure:20170803220845j:image

 

靴を脱いで裸足になり、何も考えずに、丘(「馬の背」というみたいです)を目指します。

f:id:travelturedure:20170803220933j:image

 

上りは足をとられ、苦労しましたが。

砂の山から見る海の景色。

素敵でした。

f:id:travelturedure:20170803221045j:image 

こういう景色、日本ではここだけですよね〜。

この日は曇りで心地よく、しばらく、ぼーっとしてしまいました。

何もないところが、また良いところです。

 

その後、海までおりて、また昇り、

またぼーっとしたりと、砂丘を満喫しました。

 
f:id:travelturedure:20170807230836j:image

多くの人が裸足になるせいか、

砂丘会館のそばには足を洗う場所もありますのでご安心を。タオルを持っていくといいですね!

 

砂丘堪能のあとは、お楽しみの梨ソフトで!

 
f:id:travelturedure:20170807230437j:image

さっぱりとした味。想像通りで満足です。

 

その他いろんな食べ物がありつまみながら休憩しました〜。


f:id:travelturedure:20170807230526j:image

鳥取砂丘 アクセス 鳥取空港から鳥取砂丘

鳥取に行ってきましたー

 

f:id:travelturedure:20170803220232j:image

 

東京(羽田)から鳥取へはANAが1日5便出ていて1時間15分の所要です。

 1番早い便だと8時10分に鳥取空港に到着します。

空港からはバスが出ていて、20分ほどで鳥取駅に着きます。

www.pref.tottori.lg.jp

鳥取、とても遠いイメージでしたが、意外と近かったです。

 

鳥取空港に着くとコナンが出迎えてくれました!

f:id:travelturedure:20170803220305j:image

 

鳥取と言えば砂丘ということで、駅には向かわず鳥取砂丘へ!

砂丘へも、空港からバスが出てたので利用しました。

f:id:travelturedure:20170803220337j:image

 

料金・時刻表はこちら

www.pref.tottori.lg.jp

20分ちょっとで鳥取砂丘砂丘会館)に到着しました

 

f:id:travelturedure:20170803220538j:image

 

さあ、いよいよ砂丘です。

世界遺産 国立西洋美術館

国立西洋美術館に行ってきました。

上野駅公園口からすぐ(5分以下)です。

 f:id:travelturedure:20170723230317j:image

 

先日世界遺産にも登録されましたね。

f:id:travelturedure:20170723230431j:image 

 

f:id:travelturedure:20170723230454j:image

美術館前にある「地獄への扉」

 

 

この日はアルチンボルド展やってました。

arcimboldo2017.jp

 

アルチンボルドミラノ生まれでウィーンのハプスブルグ家に仕えてた宮廷画家です。

植物・動物・野菜・果物などを組み合わせた、「寄せ絵」と言われる男性の人物画を描くことで有名です。

実在の人物に似た絵もあったそうで、王様はたいそう喜んだりしてたという話もあるそうです。

 

遠くから見ると人の顔ですが、近くで見ると動物や植物が生々しく描かれとても不思議な気分になります。あまりに生々しくて私にはちょっときつかったくらい。。

 

展示は5~6段階にストーリー仕立てになっています。

ほとんど前提知識がなかったので音声ガイド(540円)を聞きながら絵を見ていきました。

宮廷の華やかさや影の部分も感じられ、興味深く観ることができました。

 

近郊美術館でリフレッシュもいいですね。

 

 

 

グリーン車の使い方

東京から高崎・宇都宮・水戸・熱海・成田・房総方面に行きたい場合、

新幹線や特急を使えば早いけど、ちょっと料金が高いよな、って方へは、

普通列車グリーン車をおすすめします。

 

グリーン車とは

www.jreast.co.jp

駅で事前に購入しておけば休日なら+780円で快適な旅ができます。

リクライニングできるから寝てもよし、読書するもよし、ビール&つまみで楽しむことも。。。(笑)

例えば、東京から高崎へは約2時間かかりますが、時間の有効活用になりますよね。

 

青春18きっぷとの併用もできるんですよ。

 

利用方法はこちら

www.jreast.co.jp

 

ただし、いくつか注意点があります。

・グリーン券の車内購入は事前購入よりも値段が高いので、必ず事前購入しておきましょう。

・事前購入にはSuicaが必要です。

グリーン車内は自由席ですので、たまに座れない場合があります。座れなかったら車掌さんかグリーンアテンダントに言えば払い戻しできます。ただし、払い戻したらグリーン車には留まれません。立っていてもグリーン料金は発生するのです。

 

例えば高崎にある榛名山榛名湖の帰りは、グリーン車活用しました。

旅行帰りの使用だとラクですね。

travelturedure.hatenablog.com

 

グリーン車を有効活用してプチ贅沢な旅のオススメでした。

 

 

 

 

みさきまぐろきっぷ 油壺でお風呂

城ヶ島でご飯を食べ、観光した後、

油壺までバスで移動し(これもまぐろきっぷで。なので無料みたいな感じです)

きっぷが使える施設の大浴場に来ました。

 

f:id:travelturedure:20170702223121j:image

城ヶ島から直接油壺行きもありますが、

経由する場合は、「油壺入口」で降りて、そこから「 油壺」まで行くバスに乗ります。

 

バス停を降りて左に曲がり、しばらく行くと看板が見えてきます。

f:id:travelturedure:20170702223103j:image

 

タオルももらえましたよ。

 

お風呂は内風呂と露天があります。

 

海洋深層水のようですが、よく分からなかった…。

 

のんびり入って、しばし休憩。

 

観潮荘は、一言で言えば昭和風?  

でも、何だかとてものんびりできました。

 

 

観潮荘を出てバス停までの道すがらで見えた風景が素敵だったのでパチリ。

f:id:travelturedure:20170702223141j:image

 

今回はご飯食べて海見て風呂入るというのんびりモードでしたが、十分気分転換になりました!

 

きっぷ付属のアトラクションには、潜水艦とか水族館もあるので、そっちでも十分楽しめそうです。やはりお得!

 

日々の仕事の合間のちょっとした日帰り旅には最高ですな。

 

 

帰りは三崎口から泉岳寺行きに乗ると、座席式の電車の確率が高いようです。

f:id:travelturedure:20170715213011j:image

 

ただし机はありません…。お酒は手持ちで。
f:id:travelturedure:20170715213057j:image